みずほ銀行カードローンと消費者金融の審査時間比較

「カードローンを利用しないとダメな状況になってしまった」と思うときには、どういった時でしょう?
給料日までの手持ちのお金が乏しくなってきて、少しお金を工面しないと生活費が足りないときや、急な冠婚葬祭など様々な理由で、急な出費が必要になったときなどが多いはずです。

このような時に、カードローンを申し込まれる方の考えとして、「早く借り入れは出来ないのかな〜」と考えているはずです。
多くの場合、カードローンを検討される状況は、急な出費が必要になってからが多く、万が一のためにカードローンを契約しようと考える方は少数派になります。

では、カードローンを契約するには審査が必要ですが、すぐに審査結果が分かり、契約もスムーズに進めることが出来るのでしょうか?
それが出来ないと、急なお金を工面したいと考えていても、実際には出来ない可能性も出てきてしまうことになります。

カードローンの審査時間

カードローンには、消費者金融や銀行カードローンなど種類があり、それぞれで審査時間は異なってきます。
さらに、同じ銀行カードローンでもみずほ銀行や三井住友銀行など、金融機関が違えば、それでも審査時間が違います。

カードローンと言えば、消費者金融というイメージが強く、昔からサラ金や街金と言われていたときから、貸金業者として消費者にお金を貸していました。
ですので、これまでの膨大な審査のデータが消費者金融にはあるため、審査時間の早さでは銀行カードローンや信販会社などと比較しても、相当早い審査時間であると言えます。
大手消費者金融のプロミスやアコムなどでは、最短審査時間30分と、1時間以内に審査結果の連絡が受けられるようになっています。
それ以外でも、審査時間が最短1時間以内のところが多くなっています。

一方で、銀行カードローンでは審査結果の連絡が当日に分からないところが多くなっており、翌営業日や3日以上必要なところもあります。
最近では、みずほ銀行カードローンや三井住友銀行などでは、即日利用が可能な銀行カードローンもあり、審査時間が相当早くなっている銀行も多くなっています。

その理由は、保証会社が消費者金融が担っていることが挙げられ、消費者金融自体が審査を行っているから、銀行であっても早い審査を実現出来るようになっています。

みずほ銀行カードローンは口座が必要

審査時間が早くなったみずほ銀行カードローンですが、審査時間が早くなっても、みずほ銀行口座を開設していない方では、そもそも口座開設の時間も必要になってしまいます。

口座開設はすぐに出来ることはなく、数日間必要になり、それから郵送されることになっています。
口座を開設されている方なら、即日利用ができるようになっているみずほ銀行カードローンですが、口座開設をこれからされる方は、審査時間よりも口座開設に時間がかかると考えてください。

投稿日:

執筆者: