みずほ銀行カードローンと消費者金融の金利比較

カードローンでお金を借りる時に、皆さんが気にされることと言えば、「どこのカードローンがどれぐらいの金利になっているのか?」というのが多く、なるべくカードローンを契約するときには金利を抑えて、低い金利で契約できるのが1番良いと考えるのが通常です。

カードローンの種類には、消費者金融や信販会社や銀行などが大きく分けるとあり、それぞれで特徴があるので、特徴が違うどこのカードローンを契約したからと言って、同じ金利で契約することはありません。

一般的に言われているのが、消費者金融は金利が高めで、銀行カードローンは金利が低めというのがあります。
実際には、どのように違うのか金利の比較をしてみたいと思います。

消費者金融と銀行カードローンの金利

名前 金利
みずほ銀行カードローン 2.0%〜14.0%
アイフル 4.5%〜18.0%
プロミス 4.5%〜17.8%
アコム 3.0%〜18.0%
モビット 3.0%〜18.0%
レイク 4.5%〜18.0%

銀行カードローンで金利が低いことで有名なのが「みずほ銀行カードローン」で、他の消費者金融と比較してみました。

みずほ銀行カードローンの金利は「2.0%〜14.0%」になっています。
他の消費者金融と比較すると、ほとんどが上限金利が18%となっていることが分かるはずです。
みずほ銀行カードローンの上限金利は14.0%で、消費者金融と比べると4%も低い金利であると言えます。

初めて契約する時は上限金利が重要

カードローンを検討されたり契約するときには、皆さんは金利のどの部分に目がいきますか?
初めてカードローンの金利を見られる方は、○○%〜○○%の金利を見ると、左側に書かれている下限金利と言われる低い方の金利を見てしまう方が多いと言えます。
みずほ銀行カードローンで例えると、2.0%〜14.0%では2.0%の方を見てしまいます。

初めてカードローンを契約されるときには、低い金利の下限金利ではなく、上限金利の方を見ているのが重要になります。
それは何故かと言うと、カードローンを初めて契約されるときには、通常では上限金利で契約されることが一般的です。
いきなり、消費者金融で4.5%の金利で契約できたり、みずほ銀行カードローンの2.0%で契約出来たりすることはありません。

金利は限度額と関係してきますが、初めから大きな限度額で契約出来ることはなく、少ない限度額で契約出来るのが一般的で、その限度額では上限金利が採用されるというわけになっています。

上限金利の低いみずほ銀行は魅力的

上限金利を見なければいけないとなると、みずほ銀行カードローンの上限金利が、消費者金融と比較して低い金利なのは、大変魅力的なカードローンであると言えます。

10万円を30日間で一括返済した場合では、みずほ銀行カードローンでは「1,150円」の利息になり、18.0%の消費者金融では「1,480円」ほどの利息になります。
1ヶ月の利息が300円以上違いが出てくることになります。
一括返済出来れば、300円ほどで大丈夫ですが、これが月々少しずつ返済となると、長く利息の違いが発生してくることになるので、支払い総額に大きな違いが出てきてしまうことになります。

消費者金融を契約してから金利を下げるのは用意ではなく、初めから金利が低いみずほ銀行カードローンを契約出来た方が早いと思いますので、カードローンを検討されるときには、みずほ銀行カードローンを候補に入れたほうが良いとなります。

投稿日:

執筆者: