お金が必要になった時に、こどもの頃であれば親にお小遣いなどを貰えば良かったですが、成人の大人になっていしまうと、なかなか親からお金を貰うのも嫌ですし、金額が高額になってしまうこともあり、親もお金を貸してくれない場合もあります。

そのような時は、カードローンやキャッシングなどでお金を借りることになる場合が多く、カードローンを検討されることになります。
カードローンでお金を借りることが出来るようにするには、カードローンを扱っている貸金業者や銀行などに、ローンの申込をしなければいけません。
申し込みをして、カードローン会社の審査に通ることで契約が出来ます。

カードローンのイメージは、昔では消費者金融を思い浮かべる方も多く、街金やサラ金と言われてたいのが消費者金融です。
最近では、銀行もカードローンにかなりの力を入れており、銀行カードローンのCMを見ない日はないくらいになっています。
その銀行カードローンでも、みずほ銀行カードローンは金利が低く人気のカードローンになっており、消費者金融とみずほ銀行カードローンを比較される方が多くなっています。

両社のカードローンの申込の流れ

消費者金融とみずほ銀行カードローンのどちらを申し込もうか悩む方も多いですが、カードローンの申込方法には違いがあるのでしょうか?

最近のカードローンの申込方法で人気があるのは、パソコンやスマホから申し込みが出来る「ネット申込」となっています。
ネット環境さえあれば、家でも外出先でもカードローンの申し込みが出来るので、わざわざ店舗窓口に出向くことなく手軽に申し込みが出来ます。

アイフルやプロミスなどの大手消費者金融だけでなく、中小消費者金融でもネット申し込みが出来るようになっています。
もちろんですが、みずほ銀行カードローンでもネット申込に対応しており、一番手軽にみずほ銀行カードローンを申込出来る方法になっています。

申込の流れにあまり違いはない

みずほ銀行カードローンと消費者金融のカードローンの申込の流れは、さほど違いと言えます。

  1. パソコンやスマホでネット申込
  2. カードローンの審査開始
  3. 電話連絡で在籍確認
  4. 審査結果の連絡
  5. 必要書類の提出
  6. 不備がなければ契約

この流れは、みずほ銀行でも消費者金融でも同じで、特別なことをすることはありません。

在籍確認に少し違いがあるときがあり、消費者金融では電話連絡以外に、書類で代用できる場合もありますが稀となっています。
みずほ銀行カードローンでは、在籍確認は電話連絡と決まっており、それ以外でも方法はないと思っていてください。

みずほ銀行カードローンは口座開設が必須

消費者金融を申し込みするときには、金融機関の口座を登録することはなく、そのままカードローンを申込することになります。
ですが、みずほ銀行カードローンを申し込みする場合には、みずほ銀行口座を開設していないと、カードローンを申し込みすることは出来ないようになっています。

絶対にみずほ銀行口座を開設したくないという方では、みずほ銀行カードローンを諦めるしかなく、絶対に口座開設をしなければいけません。
その理由は、みずほ銀行カードローンで返済するとき、その口座が口座振替の返済用口座になるためです。
他行の口座では認められていないので、みずほ銀行口座を開設が必須となっています。

みずほ銀行カードローンの口コミでも、口座開設していたから簡単に申込出来たと紹介されてます。

事前にみずほ銀行口座を開設していないと申込出来ないわけではなく、カードローンと同時に普通預金口座開設の申込も出来るようになっているので、口座開設をまだされていない方でも、諦める必要はありません。

投稿日:

執筆者: